Amazon広告

【Amazon広告】スポンサーディスプレイ広告で広告グループを複数作成することが可能に

2022/04/18

Amazon広告のスポンサーディスプレイ広告で広告グループを複数作成することが可能に

Amazonに出品しているショップではおなじみのスポンサー広告ですが、昨年あたりからスポンサーディスプレイ広告を始めたショップも多いのではないでしょうか。

というのも昨年からAmazonのスポンサーディスプレイ広告でリターゲティング広告の機能が実装されたので、スポンサーディスプレイ広告の効果がでやすくなったので、多くのショップが活用を始めていると思います。

今まで、Amazonのスポンサーディスプレイ広告は、一つのキャンペーン内に作成できる広告グループは一つのみでしたが、機能がバージョンアップして広告グループを複数作成することが可能になっています。 (さらに…)

AIを使ったAmazon広告専用ツール『Perpetua』取り扱い開始!

2022/01/24

 

AIの力でAmazon広告を最適化するPerpetuaが今、凄い!

今回、弊社で取り扱い開始となったツール、それが…!

Amazon広告をAIで自動運用する事ができるPerpetua(パーペチュア)というツール。

▶スポンサープロダクト広告
▶スポンサーブランド広告
▶スポンサーディスプレイ広告
など全ての「スポンサー広告+Amazon DSP」に対応しているのはもちろん!

「広告予算」と「目標ACoS」(売上高に占める広告費の割合)を設定するだけで、
ナント、あとは「AIが運用を行ってくれてACoSを最適化」してくれるんです!

気になるツール利用料金も、月額広告費によって変動する仕組みで、
「初期費用・解約手数料不要」一番安価なプランは「月5,500円」程度!
全てのプランに電話・メールでのサポートがついているのも凄く安心ですよね! (さらに…)

【Amazon広告】スポンサーブランド広告の出稿に必須のAmazonブランド登録

2022/01/24

Amazonのブランド登録って知ってますか?

現在、多くのショップがAmazonに出品していますが、Amazonのブランド登録というのをご存じでしょうか。

Amazonでブランド登録をすると、Amazonで様々なサポートを受けることができるようになります。

今回は、Amazonのブランド登録について、ご紹介します。 (さらに…)

【Amazon広告】スポンサーディスプレイ広告のルックバックが拡大してリターゲティング広告で柔軟な調整が可能に

2022/01/17

スポンサーディスプレイ広告のルックバックとは

現在、WEB広告を活用している企業では多くの企業がリターゲティング広告を活用しているのではないでしょうか。

Amazonのスポンサーディスプレイ広告でもリターゲティング機能が実装されています。

ルックバックとはリターゲティング広告の配信を行う為の設定の一つとなります。

Google広告などで配信するリターゲティング広告では、オーディエンスセグメントの有効期間を設定することでサイト訪問してから○○日以内のユーザーへ広告配信を行うという設定が可能となります。

その有効期間の設定がAmazonスポンサーディスプレイ広告では、ルックバックの設定となります。

今回は、Amazonスポンサーディスプレイ広告のルックバックについて、ご紹介します。 (さらに…)

【Amazonスポンサー広告】リターゲティング広告で購入のリターゲティングが追加

2021/12/13

Amazonスポンサー広告の購入のリターゲティングとは

近年、Amazon広告を利用する企業が増えたことでAmazonスポンサー広告の機能が増えており、Amazonスポンサー広告の中にはスポンサーディスプレイ広告というものがあります。

スポンサーディスプレイ広告ではリターゲティング広告という過去に商品ページを閲覧したユーザーへ広告配信するという配信方法があります。

そのリターゲティング広告で、過去に広告対象商品を購入したユーザーへ広告配信するという機能が追加されました。

それが、「購入のリターゲティング」という機能となります。

今回は、「購入のリターゲティング」について、ご紹介します。 (さらに…)

【Amazon広告】スポンサーディスプレイ広告のカスタム商品画像を使ってインパクトのある広告に!

2021/11/25

スポンサーディスプレイ広告のカスタム商品画像とは

Amazonスポンサー広告の一つであるスポンサーディスプレイでは、下記赤枠のように広告配信を行っている商品画像を広告のクリエイティブとして配信しています。

ただ、Amazonスポンサーディスプレイの機能として、広告配信の商品画像を使わずにアップロードした画像を使った画像で広告配信を行うこともできるようになっています。

今回は、Amazonスポンサーディスプレイのカスタム商品画像について、ご紹介します。 (さらに…)

【Amazon広告】スポンサーディスプレイ広告の既存キャンペーンで編集可能に

2021/11/17

Amazon広告のスポンサーディスプレイ広告とは

近年、Amazonを利用しているユーザーが増えている為、Amazonに出品して商品を販売している企業も増えているかと思います。

その中でAmazon内での集客を行う為にAmazonのスポンサー広告を利用している企業も多いことでしょう。

スポンサーディスプレイ広告は、Amazon内で集客を行う為のバナー広告となります。

広告掲載イメージとしては、下記の赤枠部分のようにAmazonの商品ページに掲載される広告となります。

Amazon広告については、下記のコラムでも記載していますので、こちらも参考にして頂ければと思います。

※参照:Amazon広告(amazon advertising)について

このスポンサーディスプレイ広告ですが、今年になってリターゲティング広告の配信ができるようになったことから活用する企業も増えていることだと思います。

今までスポンサーディスプレイ広告では、一度広告を入稿するとクリエイティブの編集ができなかったのですが、機能が修正されてクリエイティブの編集ができるようになった為、ご紹介します。 (さらに…)

【Amazon広告】スポンサーディスプレイ広告のリマーケティング機能がアップデート

2021/10/26

2021年10月に、Amazon広告のスポンサーディスプレイ広告にアップデートがありました。

・購入リマーケティングの追加
・リマーケティングの期間設定である”ルックバック期間”の日数が選択できるように

今回はこちらのアップデート内容についてご説明していきます!

 

(さらに…)

Amazon広告(Amazon Advertising)でインプレッションシェアの計測が可能に

2021/09/29

Amazon広告で検索結果上部のインプレッションシェアの指標を導入

Amazonに出店している多くのショップで利用されているAmazon広告ですが、自社の検索広告が検索結果の上位に表示されているか気になったことはないでしょうか。

今まで、Amazon広告ではそのような指標はありませんでしたが、この度Amazon広告で検索結果上部のインプレッションシェアという指標が追加されています。

検索結果上部のインプレッションシェアを把握することで、自社のAmazon広告で検索結果の上位に掲載された割合を把握することができます。

検索結果上部のインプレッションシェアは、ブランド認知を促進する上での指標となる為、ユーザーへの認知を促進したい企業は広告運用する上での指標にするといいでしょう。

そして、検索結果上部のインプレッションシェアは、検索広告のみで計測できる指標なので、スポンサーブランド広告・スポンサープロダクト広告で計測できる指標となっています。 (さらに…)

【Amazon広告】スポンサーディスプレイに入札の最適化機能が追加

2021/09/09

スポンサーディスプレイで目的に合わせた最適化機能が追加

Amazonに出店している企業が年々増えてきており、Amazon内での競争が増している中、Amazon広告で集客を行っている企業も多いことでしょう。

Amazon広告では、様々なメニューがありますが、今回はその中でもスポンサーディスプレイに追加された機能について、ご紹介します。 (さらに…)

シェア
ツイート