【2024年版】Google広告のコンバージョンタグの発行方法

2024/03/07

今回は2024年版という事で最新のGoogle広告、コンバージョンタグの発行方法を、
ご紹介します。

 

コンバージョンタグの発行

Google広告の管理画面に入り、
赤枠の「ツールと設定」→「コンバージョン」の順にクリックします。

 

赤枠の「新しいコンバージョンアクション」をクリックします。

 

一番左の「ウェブサイト」を選択します。

 

コンバージョン計測したいウェブサイトのドメインを入力し、
「スキャン」をクリックします。

 

赤枠の「コンバージョン目標」「イベントの種類」「URL」を入力し、
緑枠「その他の設定を表示」をクリックします。

 


各々任意の必要項目を選択/入力します。

 


ページ下部の赤枠「保存して次へ」をクリックします。

 


今作成したコンバージョンアクションが赤枠の箇所に出現するので、
こちらをクリックしてください。

 


赤枠の矢印箇所をクリックしてください。

タグは「直接サイトやLPなどに設置する方法」と「Googleタグマネージャーを利用して設置する方法」がありますので、下記にそれぞれの方法を記載します。

 

 

タグを直接設置する場合

「タグを自分で追加する」を選択すると、
赤枠箇所に「Googleタグ」「イベントスニペット」が発行されます。

 

「Googleタグ」と「イベントスニペット」のサンプルを参考に載せておきます
赤枠箇所が「Googleタグ」で緑枠箇所が「イベントスニペット」です。

 

 

Googleタグマネージャーを利用する場合

Googleタグマネージャーを使いたい方は右端の「Googleタグマネージャーを使用する」を選択すると、赤枠の「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」が出現するのでこちらをGoogleタグマネージャーでご使用ください。

以上でコンバージョンタグの発行は完了です!

 

 

まとめ

いかがでしたか?
今回はGoogle広告のコンバージョンタグの発行方法をご紹介しました。

弊社BOPコミュニケーションズでは、Web広告の配信・運用を承っております。

・売上を伸ばすためにWeb広告を活用してみたい。
・自社で広告配信をしているが、手探り状態なので効率を上げたい。
・広告の運用をプロに任せて、よりビジネスを大きくしていきたい。

そんな場合は、お気軽にご相談ください!

★フォームからすぐにお問い合わせしたい場合はこちら↓

シェア
ツイート