動画ブランディング広告

2020/09/10

上記のサイバーエージェントとデジタルインファクトが発表した市場データによると、2024年には動画広告市場は4957億円市場まで拡大する見込みとされていて動画広告のマーケットはますますの広がりを見せています。今回は動画広告をブランディングに活用する機運が高まっていますので、動画ブランディング広告ついて紹介していきます。

 

動画ブランディング広告での指標

視聴数

 

リーチ数

 

動画の視聴%(ブランディング動画をどこまでユーザーが見ているか)ほとんどの媒体で25%・50%・75%・100%の粒度で数値集計(%で集計)が可能
※媒体により変動あり

 

ブランドリフト調査
広告費とは別途調査費として数百万単位で予算(媒体数・広告費などによって変動)が必要な為、
多くの企業が上記の3つを指標にブランディング広告を実施

 

ブランディング広告で主に使う媒体

・YouTube
・Facebook
・Instagram
・Twitter
・LINE

 

媒体の特性

 

媒体の指標的特徴

※媒体によって設定できるターゲットが異なり、ターゲットによって単価が異なります。

媒体の選定に関してはどの媒体だとターゲットに情報が届けられるのかを基準に検討するとよいでしょう。

 

まとめ

ブランディング目的だとユーザーへの刷り込みを行う必要があるため、少ない企業でも200万くらいの予算で配信している傾向があり、
ブランドリフト調査を行うとなると1000万以上の予算で検討することをおススメします。

BOPコミュニケージョンズでは動画広告の動画作成からサポートできます。
広告効果を検証しながらブランディング行いたい企業様はぜひご相談ください。

 

シェア
ツイート