2021年 10月

弊社代表が登壇いたしました

2021/10/11

この度、2021年10月10日(日)デジタルの日協賛ウェブ解析士協会セミナーシリーズ
『運用型広告基礎 -初心者向けデジタルマーケティング講座』に、
弊社代表の身吉恭幸がオンラインで登壇いたしました。

当日は、多くの方々にご参加いただき誠にありがとうございました。

弊社身吉からは、ウェブ広告初心者向けに「運用型広告の基礎」についてお話いたしました。
内容としては、大きく分けて下記の内容解説に加え、合間に演習問題を交えながら実践的に学べるセミナー内容とさせていただきました。

・CV計測の重要性
・ウェブ広告の種類と配信手法
・ウェブ広告の運用ポイント
・ウェブ広告運用で欠かせない用語や指標について
・蓄積されたデータからの課題分析と打ち手
・ウェブサイト・LP改善の重要性

 

弊社BOPコミュニケーションズでは貴社の目的や状況に応じて様々な媒体を活用した広告提案を行っております。
・WEB広告の運用をやりたいけど、何から始めたらいいのか分からない。
・現在依頼している広告代理店の成果にいまいち満足がいかない。
などのお悩みをお持ちの場合は、弊社にお気軽にご相談、ご依頼などお問合せください。

また弊社代表身吉へのイベント・セミナーなどへの講演依頼もお気軽にお問い合わせください。

 

Google検索広告のマッチタイプで部分一致の配信ロジックが変更

2021/10/06

Google検索広告で部分一致のマッチタイプで定義が変更

WEB広告が伸びている現在、Googleの検索広告で自社サービスのPRを行っている企業も多いことだと思います。

Googleの検索広告で最も重要な要素として、キーワードのマッチタイプというものがあります。

マッチタイプについては、過去にコラムで紹介している為、過去のコラムを参考にして頂ければと思います。

※検索広告:キーワードの4つのマッチタイプについて

最近、Google広告ではフレーズ一致の定義変更や絞り込み部分一致の廃止など、マッチタイプに関する変更がされています。

今回、部分一致の配信ロジックが変更されたので、ご紹介したいと思います。 (さらに…)

【Google検索広告・Yahoo検索広告】検索広告向けリマーケティングRLSA

2021/10/05

検索広告向けリマーケティングRLSAとは

RLSA:Remarketing Lists for Search Adsは検索連動型の広告でリマーケティングやリターゲティングリストを使用して一度サイトに訪れたことがあるユーザーに対して広告を配信する方法です。
リマーケティングリストの入札単価を調整することができるので、見込みの高いユーザーにのみ配信を強化することもできます。

リマーケティングとリターゲティングはgoogle広告とYahoo!広告での呼び方の違いなので、基本的な仕組みについては同じものになります。

Google広告:検索広告向けリマーケティング

Yahoo!広告!:サイトリターゲティング機能

今回はどちらも検索広告向けリマーケティングと統一して表記します。

(さらに…)

【Facebook広告】リーチ&フリークエンシーで広告順を設定できる「シーケンス配信機能」について

2021/10/04

以前のコラムで、Facebook広告の「リーチ&フリークエンシー機能」についてご説明しました。

【Facebook広告】リーチ&フリークエンシー機能

 

リーチ&フリークエンシー機能独自の配信方法として、広告の配信順を指定できる「シーケンス配信」を行うことも可能です。

今回のコラムでは、こちらのシーケンス配信について設定方法をご説明していきます。

 

(さらに…)

シェア
ツイート