2020年 9月

Twitter広告で設定可能なターゲティング

2020/09/30

Twitter広告で設定可能なターゲティング

Twitter広告のターゲティングについてご紹介していきます。

 

オーディエンスの特性

性別、年齢、地域、OSバージョン、プラットフォーム、端末モデル、携帯電話会社をそれぞれ指定してユーザーにリーチすることができます。 (さらに…)

【Yahoo!広告】ITPの影響とローカルストレージを利用したコンバージョン計測の補完について

2020/09/29

ITPの影響/iOS14のリリースとYahoo!の対応

以前、こちらのコラムでITPの影響によりリターゲティング広告の配信減少・コンバージョンの計測数減少が起きることをお伝えしました。

■コラム:ITPがWEB広告に与える影響について
https://bop-com.co.jp/column/4110

今回の主な影響対象となるiOS14とSafariですが、一度リリース延期があったものの、日本でも9月17日にリリースが行われました。
このリリースを受けて、Yahooからは上記2つの影響のうち”コンバージョンの計測数減少”を緩和するために「ローカルストレージを利用したコンバージョン計測の補完」機能がリリースされました。
こちらの設定をすることで、Cookie計測では最大1日のみだったコンバージョン測定期間を、最大7日間まで伸ばすことができます。

■参考:【Yahoo!広告】効果測定に関する一部機能の変更について/Yahoo!広告
https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/849618.html

(さらに…)

Googleデータポータル⑥(ウェブサイトに埋め込む方法) 

2020/09/27

Googleデータポータル⑥(ウェブサイトに埋め込む方法) 

今回はGoogleデータポータル上で作成したレポートをウェブ上で表示させる方法をご紹介していきます。レポートは共有リンクやPDFで共有できるほか、ウェブ上に埋め込んで表示させることができます。共有リンクの場合、リンクを受け取った相手もGoogleデータポータルのアカウントを持っている必要があり、またPDFでの共有だと期間を変更したりなどのデータポータルならではの機能が使えなくなります。ウェブサイトに埋め込むことで、アカウントを持っていなくても、閲覧でき期間の変更などもウェブ上で行うことが可能になります。

(さらに…)

ITPがWEB広告に与える影響について

2020/09/21

ITPとは

ITPとは、Intelligent Tracking Preventionの略で現在Apple社がユーザーのプライバシー保護の観点でWeb上におけるユーザーのcookie情報を制限する機能です。

この機能は、iPhoneやMacのブラウザである「Safari」に実装していることで知られています。

では、cookie情報を制限することで、どのような影響があるのでしょうか。

ITPでは、サードパーティーと呼ばれるcookie情報を制限する機能が備わっています。

具体的な制限としては、サードパーティーのcookie情報を24時間後に自動的に削除することでcookie情報の活用範囲を制限しています。

そうすることで大きく影響を受けると考えられるのは、WEB広告やアクセス解析などの分野となるでしょう。 (さらに…)

デザインにマッチしたフォント選び出来てますか?文字×デザイン

2020/09/19

文字とデザイン

「文字」それは、人が生活していく上で必需品と言っても過言ではないくらい大切なモノ。
まさに今読んでるこのコラムも大半が文字で作られています。
今、皆さんが周りを見渡しても必ず1つは文字が存在するのではないでしょうか。

そしてデザインの分野においても文字は欠かせない大切な要素であり、この文字の扱い1つでデザインのクオリティが、感動を与える美しいデザインになったり、見向きもされない素人感丸出しのデザインにもなってしまうんです。

そんな世の中の必需品「文字」とデザインについて今日はお話します。

(さらに…)

弊社代表が東京MX 『HISTORY』に出演!

2020/09/18

弊社代表取締役の身吉と若者に大人気のモデル藤井サチさんとの対談がついに放映!

BOPコミュニケーションズ創立までの成り立ちや弊社独自の強み、今後の目標などなど、これからウェブ広告を始めたい方にも分かりやすい内容になっておりますのでぜひご覧いただけますと幸いです!

▶ 番組の視聴はこちらをクリック!

 

Googleデータポータル⑤(CASE関数の活用法)

2020/09/18

Googleデータポータル⑤(CASE関数の活用法)

今回はGoogleデータポータルの「CASE関数」の使い方についてご紹介していきたいと思います。CASEとGoogleデータポータルの計算フィールドで使用できる関数のことです。計算フィールドとは、接続したデータを元に、新しいディメンションや指標を作成できる機能です。その計算フィールド内でエクセルのようなイメージで使用できる関数が複数あり、他にも使用できる関数としてIMAGECASTという関数もあります。今回は、CASE関数にどのような特徴があり、どのように作成すればよいのかをご紹介していきます。

 

(さらに…)

Googleの除外キーワードに関して

2020/09/16

除外キーワード

特定の検索語句に対して広告が表示されないようにしたい場合に使用します。
例えば、除外キーワードとして「格安」という語句を設定すると、「格安」という語句を含む検索に対して広告が表示されなくなります。このように、設定した語句を検索したユーザーには広告が表示されなくなるのが除外キーワードです。
除外キーワードを設定すると、特定の検索語句を広告の表示対象から除外することができる為、成果に繋がりにくい検索語句を除外することで費用対効果向上も期待できます。 (さらに…)

【2020年9月/Google広告アップデート情報】検索語句レポートでの表示語句減少について

2020/09/15

2020年9月より、Google広告の管理画面に「検索語句レポートの変更」の通知が表示されました。



実際にヘルプページを確認しに行くと、下記のように「2020年9月から、多くのユーザーが検索した語句だけがレポートに表示されるようになる」という旨の文面が追記されました。

■検索語句レポートを表示する/Google広告ヘルプ
https://support.google.com/google-ads/answer/7531771?hl=ja

(さらに…)

シェア
ツイート